みんなで大家さんを始める|増やせる資産運用をしよう

家賃債務保証を知ろう

女性

家賃債務保証とはどういったものでしょうか。住宅の賃貸借契約において、家賃債務を肩代わりすることができるようになる保証制度です。一般的に部屋を借りる人は家賃の支払いが困難になったときに保証してくれる連帯保証人を必要とすることが多いですが、連帯保証人にかわって家賃滞納が発生した時に一時的に立て替えをおこなうサービスを家賃債務保証といいます。もう少し具体的にいうと、部屋を借りる人が保証会社に保証料金を支払い家賃滞納の際の保証を委託、依頼を受けた保証会社は部屋を貸しているオーナー側とも家賃が支払えないときの立て替えの契約をし、実際滞納が発生した場合は保証会社が支払いを先に済ませ、あとで部屋を借りている本人に請求するという仕組みになります。
家賃債務保証は、近年社会情勢から連帯保証人を見つけることが難しい人たちに向けて住む場所を確保するために出来たものです。事前に保証会社としっかり相談し、万が一の場合も困らないようにしましょう。
一方で部屋を貸しているオーナー側にとっても、部屋が貸しやすくなるので有益な制度なのです。オーナー側は家賃不払などの心配がなくなるため、安心して入居者を集めることが出来ます。現在何かしらの保護を受けていらっしゃる方や、身近に頼れる人がいない人、高齢者向けのものなど、借りる人も自分の状況によっていろいろなプランが選べます。もしも部屋を借りる時に連帯保証人を見つけるのがむつかしいと思うかたは、家賃債務保証を利用することを考えてみましょう。